撮影・採集した 興味ある対馬の蛾

 ■カレハガ科  カレハガ亜科
タケヒメカレハ
Euthrix laeta sulphurea

タケヒメカレハ は日本では対馬だけに分布する中型のカレハガ(カレハガ科ホシカレハ亜科)です。対馬、朝鮮半島、ロシア南東部に分布するものは亜種 ssp. sulphurea (Aurivillius, 1895) に括られています(岸田編,2011)。
これまで本種の生態については年1化7〜8月に出現すること以外は知られておらず、寄主植物も未知とされてきました(岸田編,2011)が、クズPueraria lobataより卵や幼虫・蛹を見いだし、回収した蛹から成虫を羽化させることができました。
 
▲ タケヒメカレハ 2006.08.01 対馬市上県町    ▲ タケヒメカレハ 2006.08.01 対馬市上県町 

 
   
 
▲ タケヒメカレハ 2010.08.02羽化 対馬市厳原町産    ▲ タケヒメカレハ 2010.08.05羽化 対馬市厳原町産 
 

   
  
・数十卵,2010.07.30,対馬市厳原町
・百数十卵,2012.05.24,対馬市厳原町

クズが絡まった金網フェンスの金属部分にかたまって産み付けられていました。
大きさは2mm程度で薄い褐色を呈し、産卵時に親が卵の表面に塗りつけたと思われる長毛が付着していました。また、同地で見つけた前年度のものと思われる脱出卵殻は、クズのゴール(虫コブ)に百数十卵が産み付けられていました。
このことから、本種の産卵は基本的にクズの蔓の部分か葉柄部に行われると考えられます。 
 
▲ タケヒメカレハ 2010.07.30 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2012.05.24 対馬市厳原町 
 

   
 幼虫 
幼虫は全体的に橙黄色を呈し、背中に太い黒条が走り、頭部付近及び尾端付近の背面に真上に伸びるまとまった毛の束を備えています。
体色は若齢幼虫ほど濃く、終齢幼虫になると淡い黄色に変化します。終齢幼虫の体長は70mm近くに達します。日中はクズの茎や葉柄にいることが多く、クズの葉を食べているのが見られました。
毒を持った刺毛を備えているかどうかは未確認ですが、恐らく同属のカレハガと同じであろうと推測されます。 
 
▲ タケヒメカレハ 2012.05.24 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2012.05.24 対馬市厳原町 
 
  ▲ タケヒメカレハ 2006.06.24 対馬市上県町 
 
▲ タケヒメカレハ 2008.06.23 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2008.06.23 対馬市厳原町 


 
   
  
・数蛹,2010.07.30,対馬市厳原町 繭の中から取り出した蛹

蛹化はクズの茎や葉柄部はもちろんのこと、多くは寄主植物を離れて近くの建物の壁などを行われました。繭の長さは50〜60mmから大きいもので90mmほどでした。繭にも幼虫時の毛が張り付いているので表面に黒く見える部分にはさわらないようにしました。
蛹はタケカレハやマツカレハに似ています。7月下旬に繭毎採集してきた蛹10頭ほどをを紙箱の中に入れておいたところ、8月中旬頃から次々に羽化してきました。羽化できず死亡したのはわずか1頭だったので、寄生率の低さは予想外でした。 
 
▲ タケヒメカレハ 2010.07.30 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2010.07.30 対馬市厳原町 
▲ タケヒメカレハ Euthrix laeta sulphurea (Aurivillius, 1895) 2010.07.30 対馬市厳原町 
 

   
本種を年1化と考えると越冬態は幼虫で、真夏前に蛹化し7月〜8月に羽化してくると思われる。その後、産卵・孵化を経て、若齢幼虫で冬を迎えるのであろう。
生活史を推察するにはさらなるデータの蓄積が必要である。なお、今回確認できた寄主植物のクズは島内全域に最も普通の植物ではあるが、幼虫そのものを見ることは稀である。
図鑑などには「対馬には多い」などと書かれているが、成虫もけっして多くはない。 
 


   

 ■資料画像・映像 
 
 中齢幼虫 
クズの葉を食べるタケヒメカレハの中齢幼虫です。本種は日本では対馬のみに分布するカレハガですが,食餌植物がクズにもかかわらず個体数は多くありません。
この場所にはこの個体以外には確認できず,この辺りが少ない原因の一つかもしれません。
 
▲ タケヒメカレハ 2021.05.18 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2021.05.18 対馬市厳原町 
 
▲ タケヒメカレハ 2021.05.18 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2021.05.21 対馬市厳原町 
 
▲ タケヒメカレハ 2021.05.21 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2021.05.21 対馬市厳原町 
 

   
 終齢幼虫 
 
▲ タケヒメカレハ 2021.05.31 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2021.05.31 対馬市厳原町 
 
▲ タケヒメカレハ 2021.06.01 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2021.06.01 対馬市厳原町 
▲ タケヒメカレハ Euthrix laeta sulphurea (Aurivillius, 1895) 2021.06.02 対馬市厳原町 
 
▲ タケヒメカレハ 2021.06.02 対馬市厳原町    ▲ タケヒメカレハ 2021.06.02 対馬市厳原町