[Home] - [top]
Hynobius tsuensis
ツシマサンショウウオ
対馬特産のサンショウウオ。 カスミサンショウウオに近縁とされます。
全島に広く生息しています。 島内に無数にある谷間に流れる小規模な渓流及びその周辺が生活圏となっています。 

成体の色彩には黄色みをまだら状に帯びるものから黒っぽいものまで変異が見られます。

なお,対馬にアカハライモリはいません。
 ■生態画像
沢の石を起こすとツシマサンショウウオの卵嚢とそれを護る♀の姿が見られました。 
この沢では卵嚢と1頭の♀のセットが数か所で確認されました。  卵嚢からそろそろ孵化してきそうな感じです…。
2017.05.03 上県町

ツシマサンショウウオ
2011年11月20日 厳原町
ツシマサンショウウオ
2011年5月15日 上県町
ツシマサンショウウオ ツシマサンショウウオ
2011年5月15日 上県町

▲未だ外鰓が認められる個体。 水中で越冬していたと思われます。 体長4cmほど…。 2017.03.19 上県町
▲枯れ沢の石を起こすと幼体が隠れていました。 体長6cmほどの小さな個体です。 2年目あたりでしょうか。   2017.03.19 上県町

ツシマサンショウウオ
▲卵のう  2011年5月15日 上県町


 ■生態動画
2017.04.25 美津島町

2017.05.03  上県町