[home]
 ■顔つきはエイリアン  ツシマシリアゲ  Panorpa thompsoni (= P. tsushimaensis)【シリアゲムシ科】
日本では20種類上もいるシリアゲムシの仲間ですが,対馬はたった2種類しか記録がありません。 

「ツシマシリアゲ」と「チャマダラシリアゲ」なのですが,この2種の関係も微妙でチャマダラシリアゲはヤマトシリアゲの秋に出る第2化(季節型)と考えられています。 
もうすぐ正式に研究結果が公表されるはずです。
 ただ,学名的にはチャマダラシリアゲ(P. thompsoni )が先に記載されているので,ツシマシリアゲの学名(tsushimaensis )は採用されないことになります。

シリアゲムシは古生代ペルム紀の化石が見つかっていて,非常に原始的な昆虫といえます。 頭部の馬面と♂腹部末端のサソリのような形態はユニークです。
▲第1化の♂ 腹部末端をサソリのように持ち上げています  2014.06.13 
 
▲第1化♂  2009.04.29   ▲第1化♀ ♀は腹部が太いが,尾端に向かって急激に細くなります  2006.05.28 
 
▲第1化♂  2012.05.06     ▲第1化♀  2012.05.06
 
 
   
年2回発生します。
第1化は,4月下旬(4/27)〜6月下旬(6/22)  第2化は,9月下旬(9/19)〜11月上旬(11/9) の記録があります。 

第1化は体色が黒色,第2化は褐色になります。 ♂交尾器の形状はサイズ以外大きな違いが無いということですので,同種で間違いないでしょう。
 
▲第2化の♀ 葉上で翅を上下に動かす動作を繰り返していました おそらくコーリングでしょう  2011.10.09
 
▲第2化♂  2010.09.25    ▲第2化♀  2011.10.09 
 
▲第2化♂  2011.10.09    ▲第2化♀  2009.10.11 


   
 
▲第1化  2012.05.05   ▲第2化♀  2011.10.09 
 
▲基本は肉食ですが,訪花し吸蜜する姿を見ることができます  2012.05.06    ▲シャクの花で吸蜜  2012.05.06   葉上の第2化♀  2011.10.09 


2016.05.01 豊玉町
 

 
   
 
▲♂  2009.05.05.    ▲♂   2010.09.25
 

 
   
シリアゲムシは♂が♀に餌をプレゼントする習性があるのですが,まだその機会に出会えていません。  いつか…。


 
 
   
 ■資料画像
2017.10.19  上県町
2017.10.19  上県町
2017.10.19  上県町 2017.10.19  上県町

2017.10.04  上県町
2017.10.04  上県町 2017.10.04  上県町

2017.05.04 美津島町
2017.05.04 美津島町 2017.05.04 美津島町

2016.04.22 上県町
2016.04.22 上県町 2016.04.22 上県町