■深紅の前胸が美しい  ツシマコメツキモドキ  Tetraphala fryi  【コメツキモドキ科】
九大の「日本産昆虫目録データベース(MOKUROKU)」では,日本のコメツキモドキは26種類が記載されています。 「対馬の生物 (1976)」によると,対馬にはツシマコメツキモドキの他に,ケシコメツキモドキとクロヒメコメツキモドキが記録されていますが,その後の記録は分かりません。

最近,対馬のコメツキモドキについて記録の整理が行われ,次の5種が記載されています。
クロヒメコメツキモドキ・ツマグロヒメコメツキモドキ・ルイスコメツキモドキ・ケシコメツキモドキ・ツシマコメツキモドキ
「対馬・壱岐のコメツキモドキのチャックリスト」 Checklist of Lizard Beetles(Coleoptera,Erotylidae,Languriinae)of Island of Tsushima and Iki-no-shima,Japan (松尾・原2015 Elytra5巻1号)
 
今まで,この大陸系のツシマコメツキモドキとキムネヒメコメツキモドキ(未記録)・ツマグロヒメコメツキモドキ・ルイスコメツキモドキ・ケシコメツキモドキの5種類を確認しました。  
ツシマコメツキモドキは島内でもどこでもいる虫ではないようでまだ数か所でしか見たことがありません。寄主植物はワラビを確認しています。 幼虫はワラビの茎に潜行して生長するので幼虫の侵入している茎はこぶ状に膨らんでいます。
2013.05.31
 
2013.05.31    2013.05.31 
 
▲通常はこのように茎に下向きに制止していることが多い  2011.06.08       ▲移動目的の時以外は頭部を上に向けることはありません  2011.06.08     2012.06.10
 
   
   
おそらく年1回の発生で,越冬は成虫で行うと思われます。  
 ▲交尾  2012.06.10
 
 ▲♂♀の差異はほとんどありません  2013.05.31   2011.06.08
 


 
   
対馬のコメツキモドキ 

 ■キムネヒメコメツキモドキ Anadastus atriceps
2009.06.17 厳原町


 ■ツマグロヒメコメツキモドキ Anadastus praeustus
2006.07.03 2011.09.04


 ■ルイスコメツキモドキ Languriomorpha lewisi
2016年の5月にオオバイノモトソウから多くのルイスコメツキモドキを採集することができました。 このシダ植物は全島に広く見られ、いくつかの群落から同じようにルイスコメツキモドキが落ちてきました。
このことからルイスコメツキモドキはオオバイノモトソウを寄主植物としている可能性があります。

ただ,このオオバイノモトソウは幼虫が潜行するには茎が細く堅いので寄主植物ではなく,何らかの目的で集まっているのではないかとの指摘もあります。 
2016.10.18
2016.10.18
2016.10.18
▲オオバイノモトソウ 2016.10.18 ▲オオバイノモトソウ 2016.10.18
2016.10.18

2016.05.04 2016.05.04


 ■ケシコメツキモドキ Microlanguria jansoni
 
2016.10.17