■年1化 早春に現れる  トビネシャチホコ  Nephodonta tsushimensis  【シャチホコガ科】
トビネシャチホコは,対馬で採集された個体をもとに新種記載されました。
シャチホコガ科の新属・新種の珍しい蛾でしたが,その後中国でも亜種が記載され,同属の別種も発見されています。

1982年,大図鑑(講談社)が出版された当時は,タイプ標本しか記録がありませんでした。 1976年春,小学生が美津島町昼ケ浦で採れた1頭の蛾を持ってきてくれたのが本種との出会いでした。

年1回,3月上旬から4月上旬にかけて出現し,灯火によく飛来することが分かりました。 全島的に広く生息していると思われます。
 2013.03.08
 
▲♂の触覚は両櫛歯状  2005.03.03    ▲♀の触覚は糸状  2005.03.09 
 
▲♂は前翅基部付近に鳶色の斑紋が出る  2005.03.03    ▲♀は♂に比べて斑紋が不明瞭  2013.03.08 

 
   
 頭部から胸部にかけてモフモフ感がすごい。 


 
   
トビネシャチホコの飼育記録 2005年
 2005年3月9日,上対馬町結石山(Mt.Yuishi)で採集した母蛾より採卵飼育したもの…。 

これまで4令までの記録はありましたが,その後の記録は新知見です。(2005年現在)

卵期はおよそ10日前後。 これは外気温が関係してるので自然状態ではブナ科(推定)の植物が芽吹く時期に合わせていると考えられます。 幼虫期およそ1か月程度。 自然状態ではもっと短いかもしれません。 昼間より夜間によく餌を食べようです。 終令幼虫は蛹化が近づくと,食欲旺盛となります。
 
 ▲タッパーに生み付けられた卵  2005.03.16   ▲孵化直後の初齢幼虫   2005.03.26
 
2005.04.10     2005.04.17
 
 ▲亜終齢  2005.04.21   ▲終齢幼虫の頭部  2005.04.25 
▲シャチホコガの幼虫らしく,頭部を反り上げています  2005.04.25 

蛹化は,土や小石,枯れ葉などでくるまるように繭を作り,その中で前蛹になります。 繭を作って1週間ほどで蛹になります。
 
▲繭 細い糸で綴られているいるのが分かります  2005.05.08    ▲蛹化直後の蛹の様子  2005.05.05 
▲蛹  2005.05.05 
飼育にあたってはPhasmidさんのご支援を頂きました。謝意を表します…。      
 

 
   
▲成虫 ♂♀