■朱色が粋な感じ  クロバネクビボソハムシ Lilioceris ruficollis (Baly)  【ハムシ科】
ハムシの中でも比較的大きなクビボソハムシの仲間です。 

日本にこの属は10種ほど生息していますが,このクロバネクビボソハムシとカタモンクビナガハムシは対馬だけに生息する大陸系の昆虫です。
前胸背部が鮮やかな朱色をしています。 寄主植物はオニドコロとカエデドコロを確認しています。
▲雨上がりにオニドコロの蔓を歩く  2011.06.20 
 
 
 ▲オニドコロの蕾に乗る  2011.06.21   2011.06.20 
 
2011.06.20     2012.06.01
 
2013.06.22     2013.06.22
 
 
   
 6月の初め〜下旬および8月の初めに見ているので,おそらく年2回の発生と思われます。

今度見かけたら,幼虫を探してみます。
 
 ▲交尾  2006.06.17   ▲求愛行動?  2012.06.01 
 

 
   
2016.07.29  対馬市厳原町産 2016.07.29  対馬市厳原町産



 
  ■資料画像 
2013.06.22 対馬市豊玉町